加藤農場の一年

毎年4月13日頃から種まきを開始!

1年の始まりです。

午前中種まきをした苗箱を午後ビニールハウスに並べます。これが結構きついんです。かなり腰にきます。

播種後2週間くらいかな?うまく揃って

出てます。

耕起後、田んぼに水をためて代掻き最中です。なかなか平らにならないので毎年苦労します。

5月の中旬前後から田植えに入ります。

田んぼの区画が大きいので初めてみる人はびっくりです。1枚1,1Haあります。

田植えのころの苗の草丈は13p前後なので、ちょっと心配・・・。

6月に入って間もなく無農薬JAS有機栽培の田んぼに除草機をかけます。農薬無しなのでこれをやらないと草がボウボウと生えて大変なことになります。

4〜5回かけます。1日中田んぼの中歩いてます。

7月の前半から溝きりをやります。

これは田んぼが大きいため、水の入り

や排水を良くします。

8月前半、ようやく穂が出始め、稲が花をさかせたところです。毎年見ても感動ものです。

穂が垂れて田んぼが黄金色になり、もうすぐ稲刈りが始まります。

1年の総決算、稲刈りが始まりました。

刈り取った籾を3台の乾燥機で、胴割れに注意しながら低温乾燥します。

仕上がった籾を、籾摺りして玄米にします。

COPYRIGHT(C) 2006. 加藤農場 ALL RIGHTS RESERVED.